せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

交流戦試合数減は歓迎/長旅で思ったほど疲れなかった理由

これまで日記スタイルでその日の「飲食」と「運動」の記録を書いてきたが、思うところがあって、かたちを変えることにした。とはいっても生活の場が変わったばかり。内容的には飲食や訪れた場所の話題は書くつもり。ようするに、同じ内容を繰り返し書くのは止めよう、そういうことであるw。

長旅で思ったほど疲れなかった理由

さて、先週は月曜から金曜までずっと出ずっぱりで自宅に戻ることがなかった。ホテルでの寝食が続くのは疲れるだろうと心配していたのだが、思ったより快適だった。その理由がいくつか思いつくので書いておこうと思う。

一つは単独行動だったこと。自分のペースで残務処理をし、好きな時間に飲食できたことは大きかったと思う。

二つめは宿泊したホテルのいくつかに大浴場があったこと。例えばルートイン系列のビジネスホテルには最上階に大浴場があって、備え付けの部屋着のまま移動し使うことができた。これは良かった。足を伸ばして身体全体を伸ばして湯船に浸かる、疲れが一気に飛ぶ心地であった。

三つめはホテルのベッドがどこも意外と固かったこと。たまたまそういうホテルが多かったということかもしれないが、これは助かった。ときどき身体が沈むようなベッドのところもあるけれど、寝起きが実に不快であるw。

交流戦試合数減は歓迎

交流戦 来季は18試合に削減 公式戦は年143試合に (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
交流戦の試合数を減らそうという動きはセリーグ側に以前からあった。その理由は人気球団であるGやTとのゲームをより多く組みたいセの他球団の要望があるからだと理解していたが、今回の記事によると「ドーム球場の数が少ないセ・リーグが雨天中止による日程消化が進まない問題から」とされていた。

これはよく分からない問題(理由)である。ドーム球場が少ないのがセリーグなら、日程消化が進まないことを問題にしたいのはパリーグの方ではないのか。それとも、パリーグの各球団に申し訳ないから、そういう理由ということかw。

いずれにしても、交流戦ではパリーグの各球団がすべて勝つというゲームも多いため、ゲーム差があまり変わらない。反対にイーグルスだけ負けてパリーグの他球団がみんな勝ちということもあったりしてあまり印象が良くないw。そんなわけで交流戦のゲーム数が減らされてもイーグルスファンの私としては歓迎こそするが反対する気にはならないのであるw。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村