せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

これで勝てないようでは、今シーズンのBs戦は全敗で決まりw

7月1日 火曜日
  • 飲食:朝 トースト+牛乳、昼 親子丼、夜 宅食(ヒジキご飯、オムレツほか)
  • 運動:朝の太極拳、ウォーキング(通勤時)、木刀素振り

今日から7月。少し蒸し暑い、かと思うとザァーと雨が降って涼しい風も吹く。夏らしいといえば夏らしい。W杯サッカーはまだ続いているが、日本サッカー協会が次期日本代表監督候補を元メキシコ代表監督のハビエル・アギレ氏に一本化したと報道。アギレるくらい早い対応にびっくりw、というか何故にいつも外国人監督なのか。日本のサンカーをやろうというのに監督が外国人という不思議。ま、同じ外国人でもオシムさんならまだ応援しようかなという気になるが。サッカー音痴の私でもオシムさんには良いイメージありww。

今シーズンのBs戦は全敗で決まりw
  • Bs8-5E

イーグルスは8戦全敗中のオリックスとのカード。3回までに4点リード。苦手オリックスに最高のスタートを切ったと思いきや、やっぱり勝ちきれない。前半、打ち込まれた西が中盤立ち直り、快調に滑り出した美馬はペーニャに対する死球をきっかけに自滅した。W杯サッカー日本代表の初戦を思い出させるゲーム展開だったw。

4回裏、前のゲームで危険球退場した美馬は、ペーニャの死球にベンチから飛び出してきたオリックスの選手たちのパフォーマンスに調子を狂わしてしまったか。死球のペーニャを置いてT岡田に2ランで2失点。5回、先頭の安達を塁に出すと、ペーニャのタイムリーで1失点、ここで美馬憤死、長谷部にスイッチ。その長谷部もT岡田を死球で塁に出すとすぐに永井にスイッチ、そして伊藤のタイムリーであっさり逆転された。そして6回、またまた先頭の安達を塁に出し、ヘルマン四球で迎えた糸井に3ランである。私は思わず拍手してしまった。もう完敗である。やけくそであるw。

危険球退場のゲームのあとは、死球で自滅。美馬の死球トラウマは長引きそうだ。後藤が疫病神でラッツが勝利の女神であることがはっきりした。期待のルーキー松井裕も今や敗戦処理投手に。相変わらず行き当たりばったりのフォーム、投げるたびにフィニッシュが違う、バランスは崩す。行き先はボールに聞いてくれという感じで進歩なしw。8回表、2アウト満塁で代打の牧田はバットを振ることなく三振、最低!最悪!!、相手からすればこの人の代打に対して嫌な雰囲気まったくなし。久々に岡島のキャッチャーが見れたのだけは良かった。ヒジリの一番より岡島の一番の方が戦略的に期待できるのと同様に嶋のキャッチャーより岡島のキャッチャーの方がテンポが良い、というか投手の雰囲気が良いw。

それにしても、佐藤代行のバタバタ采配はいよいよ限界のような気がしてきた。今日のゲームを見たら星野監督も復帰したくなくなっただろうし...。だれかいないか。山崎武司でも連れて来るかw。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村