せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

嫌われる勇気

久々に一気読み。妻が読み終わって貸してくれた。すごい本である。心理学の三大巨頭といわれる人がいるらしいが、その中の一人、アルフレッド・アドラーの思想について書かれている。難しい印象はなかった。「青年と哲人」の対話形式で物語り風に書かれているからだ。面白くて、読みやすくて、分かりやすい。書かれている内容のひとつひとつに心当たりがある。というか、合点がいく。もう一度読み返そうと思う。それから息子にも読ませてやろうと思う。変われそうな(やれそうな)気分になれる。少なくとも頭の中ではw。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村