せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

あそこで一本出てしまうか

  • E2-3M

星野監督が「ぐちゃぐちゃにしてやる」と言った打順は、藤田をひとつ下げて3番に入れ、5番に銀次、空いた2番には西田を入れるというものだった。そして9番には「もしかしたら」と宝くじを買うような気持ちだったかどうかは分からないが“意外性の”島内を入れた。ぐちゃぐちゃにしてやるといってもさすがにAJは動かさず。結果的に初回のチャンスではまたもやAJがブレーキとなってしまった。ぐちゃぐちゃににするというならここにメスを入れなくちゃ、そう思ったw。

初回の攻撃、先頭打者の岡島がヒットで出塁し、2番の西田が送って、3番藤田と理想的な攻撃のように見えたが、頼りの藤田は古谷にまったく合っていなかった。3番が倒れても4番がいるぞ、とならないところが今のイーグルス。相手投手に3番、4番と連続でストレスを与えられないところが悩ましいのだ。だからといって、3番藤田、4番銀次ではないし、ましてや4番牧田でもない。勝負強い大砲という2つの要素を兼ね備えた打者がいない。

AJがダメならユークと行きたいところだがただいま故障中。やっぱりマギーだったかw。攻撃陣のバットはけっこう快音を響かせていたように思うが、思ったほどボールが飛んでいなかった。先日の事件があって適正ボールに変わった影響だろうか。ただ、ロッテの攻撃のときは逆に飛んでいた印象あり。そんなことはあるまいがw。

先発の上園があともう一歩という内容だった。球速こそ普通だったが、ボール自体に力があった。嶋のミットに響く音はビシッ、ビシッと力強く、制球も良かった。自分の投げたいところにしっかり投げ込んでいた印象だった。その上園は5回表、サブローを四球で歩かしておかしくなる。次のクルーズ、里崎と連打を許し1失点、根元をセンターフライに打ち取るも次の伊志嶺に四球で1アウト満塁となったところで西宮に代わった。

サブローの四球もそうだったが、上園は外角低めの際どいところを審判にとってもらえず狂いだした。5回までに同じようなボールが何球かあったが、ことごとく「ボール」のコール。あそこをストライクにとってもらえていたら展開は変わっていたに違いない。いい感じで放っていたから、ここで勝たせて本来の力を出すきっかけにしてほしかったのだが、残念。

結果は2-2の同点で迎えた9回表、ファルケンがホームランを打たれたところで決まり。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村