せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

塩見、大量リードのトラウマ

  • E9-5F

塩見の信用がガタ落ちである。前回の先発登板が12日のロッテ戦。このときは3-8で5点リードしていたが、「(塩見は、)あのまま投げさせていたら、追い越されていた。」という監督の判断で3回2アウト1、3塁、5点リードのまま小山に交替した。

そして今日のゲーム。4回表、やはり5点リード。前回と違っていたのは2点追い上げられるまで塩見が続投したこと。監督は前回のロッテ戦での経験から塩見の成長に期待していたのだと思う。ところが心配していたとおりの展開となってしまう。監督の期待(信用)はガタガタガタガタと崩れてしまったろう。

塩見にしてみたら、ロッテ戦と同じ展開に嫌なイメージが頭を過ぎったのかもしれない。もし、イーグルスが逆に追いかけるような展開であったならば意外としっかり抑えていたような気がしないでもないw。人間のメンタル、特に投手のそれはそれくらい繊細なもののような気がする。

しかし、そんな投手の繊細さに星野監督が理解を示すはずもなく。「勝ち星がいらないんじゃないの。あれだけ点を取ってくれているのに自分で(勝ち星を)放棄している。生活がかかっているんだから、チャンスはものにしないと」というコメントになる。

塩見はこの大量リードのトラウマを乗り越えないといけない。監督ではないが、まさに勝ち星を放棄している状態なのは間違いないのだからw。
援護射撃のなかった?後輩の彼らに申し訳ないと思わないかw。