せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

勝ったからいいやw

  • M10-17E

イーグルスはチーム新記録となる24安打で17得点、乱打戦を制したといえば聞こえはいいが、10失点の投手陣には多くの課題がありそうである。

投手陣は先発の塩見が降板したあと6人をつぎ込む継投。福山、西宮らは休ませたようだが、これは点差あってのことだろう、この点は良かった。あと、他のリリーフ陣を試すことができたのもプラスだった。特に青山に目途が立ったのは収穫だろう。前日のピッチングも良かったし、復調の手応えは十分である。先に投げた小山とともにマウンテンパワーに翳りを感じていただけに今回の内容は好材料に違いない。

5番目に登板した武藤はやや心配。棒の先にボールを乗せて振り切る投石機のような独特の投球フォームはコントロールをつけにくい印象がある。久々の1軍マウンドに最初は腕が縮んでいた。それでも投球数を重ねるうちにだんだん制球され始めたからコントロールの悪い投手ではないのだろう。問題はメンタルか。点差によっては使いにくいメンタルの弱さも感じるが、なんといっても2011年ドラ1の投手、潜在能力は折紙つきのはず。どっかで吹っ切れてほしい。今日の登板は可能性を認められてのものだと思うので次の登板に期待したい。

本来は塩見が8回くらいまで投げて勝つのが理想的ではあったが、小山、青山、武藤といったリリーフ陣の可能性を確認できたのは良かったのではないか。...と前向きにとらえたいw。何より勝ったのだから文句は言うまいww。