せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

松井秀喜が語る「ジーターの存在感」について

松井秀喜さんのコラムが朝刊に掲載されていた。今季限りでヤンキースを引退するジーターについて書かれていたが、あることを思い出し興味深く読んだ。

ジーターは引退発表の記者会見で「野球は失敗のスポーツ」と言い、だから常に変わらない姿勢を保とうとしたと話したそうだが、これについて松井さんは「これこそ僕がいつも考えていたことであり、野球観が同じなのだとあらためて認識した。」と書いている。

松井秀喜”に「彼(ジーター)と7年間ともにプレーできたことは幸運だった。数字の上でも偉大な選手だが、本当のすごさは一緒にプレーして初めて分かった。一人でチームにあれほど影響を与える選手には、ほかに出会ったことがない。」と言わせるジーターの偉大さを私は再認識したw。

そしてこれと似たコメントを以前テレビ番組かなんかで聞いた記憶があったのを思い出した。それは読売ジャイアンツ高橋由伸選手がまさに「松井秀喜」の常に変わらない態度について同じように説明し、尊敬する選手として紹介していたのである。ヤンキースにおけるジーターの存在が偉大であったように、読売ジャイアンツにおける松井秀喜の存在もまた偉大であったということだ。実に興味深いなあ。

コラムの次の箇所は組織人間の私にも参考になると思い書きとめておくことにしたw。

ジーターは常に変わらない。だから緩んだ試合には緊張感をもたらし、逆に極度の緊張感で迎える大一番ではゆったりした姿が際立った。皆その姿を見て試合に臨んだ。ジーターさえいれば、周りは変わってもヤンキースであり続けた。