せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

「楽天は敵ではない」と言った西武に3連勝...っとw

  • L1-7E

イーグルスは開幕3連勝。3戦目の先発マウンドにあがったのは辛島だったが、則本、塩見に比べると、いまひとつピリッとしない印象だった。変化球でストライクがとれないからかなり苦労していた。

数日前に佐藤ピッチングコーチのコラムを紹介したことがあったが、その中で佐藤コーチは松井祐樹のことを「制球が乱れても修正できるセンスがある。」と評価していた。おそらくゲーム中に修正できることを評価していたと思うのだが、今日のゲームを見る限り、辛島にはややそのセンスに欠けるところがあるようだw。今日のところはライオンの打ち損じに救われていた。

とはいっても、5回1/3を3安打1失点6奪三振とゲームは作ったのだから合格点を与えないわけにはいかないだろうw。

注目の新人・西宮を初めてライブで見たが、さすがに緊張していたようでプロの投手になっていなかったなぁw。ストライクがぜんぜん入らないでは勝負にならない。こちらも相手の打ち損じに救われた。というか「待ち損じ」に。それでも腕はしっかり振れていた。メンタル面は大丈夫そうだから技術的なところで修正が必要かもしれない。投げるときにあれだけ首を振ってしまってはボールをコントロールするどころではないよw。行き先はボールに聞いてくれ!ってな感じだもの...

枡田がやや出遅れている感じがあるが、それ以外は昨シーズンの良いイメージのまま、いや、さらにパワーアップしてプレーできているという印象である。特に松井、藤田、嶋といったチームのリーダー格が安定したナイスプレーを見せているので、チームに落ち着きを感じる。雰囲気の良さが伝わってくる。

解説者がライオンズの野手は投手が打たれてもマウンドへほとんど行かないが、イーグルスの野手(特に松井)はたびたびマウンド上のピッチャーに声を掛けに行く、この違いが大きいとコメントしていた。まさにチームが一つになって闘っているイメージがイーグルスにはある。星野監督の「ひとまる(一丸)」はだいぶ浸透しているようだ。