せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

癌が嫌いな食事は...

女性週刊誌は自分では買わないが、ときどき妻が買ってくる。新聞広告などで気になる記事を見つけると妻に買わせることもあるw。「がんが嫌いな食事」という記事が気になったので、今週の「女性自身」を妻に頼んで買ってもらったw。

記事の内容は「がんに負けない食事と食べ方」について漢方学の権威である丁宗鐵先生が解説しているというもの。丁先生は「がんの嫌がる食事は、体を温めるスパイシーなメニュー。逆に不規則な食事や間食はがんが好きな習慣です。」とコメントしている。

以下、記事で紹介されている丁先生の具体的なコメントや解説から私が注目した項目について抜粋し要点をメモしておくw。
なお、脚注は私のコメントである、スルーしてほしいw。

▼お酒はいいのか

  • アルコールに発がん性はなく、適量の蒸留酒であれば熟睡効果があり健康増進に役立つ*1
  • ただし、ワインなど醸造酒は糖分も多すぎて内臓への負担がかかる、飲むなら蒸留酒*2

▼何をどんなふうに食べればいいか

  • 朝カレー*3
  • わさび、しょうが、みょうが、からし、ししとう*4
  • 野菜や果物を生でとることは体を冷やすので40歳以上の人は厳禁*5
  • お寿司はわさびとガリを一緒にとれることで体が温まる。ガリは作りおきしておき毎食とるのが良い*7

▼食事をいつ取るかも大事

  • 就寝時間までに消化できれば害はない。胃の中に消化できないものが残ったまま眠ることで、脂肪分が体内でがんのエサになってしまう。糖分も同様。手持ち無沙汰になって甘いお菓子を口にする習慣は改めるべし*8
  • 55歳になったら一日2食がおすすめ。丁先生は朝食のあと昼を遅めに取り、夜は漬物をつまむ程度*9

(以上 「女性自身」4月1日号より)

*1:蒸留酒と言えばウィスキー、焼酎などが代表的。家で呑むときはほとんど焼酎なのでOK、外で呑むときに気をつけないと

*2:ワインは身体に良いイメージがあったので、これは意外。私の場合は同じ醸造酒の日本酒が好きなので外で飲むときは要注意...と

*3:イチローが有名にしたメニューだね。レトルトなら対応できそうだが、記事ではレトルトは脂肪分が多いので作り置きが良いと書いてあった。ちょっと無理w

*4:ポイントは体を温めること。苦手な食材はないのでOK

*5:「果物を生でとるな」というのは少し厳しいね

*6:山菜は好物、ただしアク抜きはしているから大丈夫だろう。いずれ食べ過ぎには注意だなw

*7:ガリはスーパーで買っていつでも食べれるようにしておこうかな

*8:これを守るのが私にとって一番辛いかなw

*9:あと数年先、そのときになったら考えようw