せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

2020年の私

今週のお題「2020年の私」
「2020年の私」というのは、すなわち「東京オリンピックのときの私」のことである。実は、オリンピックが東京に決まり、それが7年後であると確認したとき、私は「おいおい、2020年というのはちょうど定年退職して時間がたっぷりあるタイミングではないかい。」そう直感したのだった。
しかし、落ちついてカウントダウンしてみたら、ちょうど定年の最終年であることがわかった。惜しい。いや待てよ、よくよく考えてみたら、がっかりすることはないんじゃないか。かえって好都合というものだ、そう考え直した。つまり、どんなに頑張っても1年後には定年退職である。有休もあるし、有給の身分もある。1年後に定年退職を控えた私は、きっといろいろな意味でかなりフリーな身分と考えられるw。
そんなわけで、「2020年の私」は、役職としてはいろいろ責任のある立場にいるかもしれないが、東京オリンピックくらいは楽しめる「気持ちと時間の余裕」は十分にありそうだ。そう、そのくらいの余裕を作れる人間になっていたいと思うw。