せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

辛島よ、破るのはこの壁だ

  • E1−2Bs

点差だけをみると惜しいゲームであるが、私には実にもったいないゲームにみえた。3回まで好投していた辛島は3回裏に味方が先取点をとって迎えた4回表に突然崩れる。4連打で2点とられ勝ち越されたのだ。その後は踏ん張り、0アウト2、3塁のピンチを0点で切り抜けた。そして7回まで無失点、いったい4回表の出鼻は何だったのか。あそこだけが(今日の)辛島ではなかった。別人だった。だからこそもったいないというのである。ゲームは結局4回の2点めが決勝点となってしまった。
7回まで2失点というのは先発投手としての責任を十分果たしているとは思うが、点の取られ方がよくない。スコアだけをみると先発投手に運がなかったようにも見える。しかし、実際のゲームの流れからすると、やはり勝てない投手が持つそれなりの理由というものを感じる。攻撃陣を責めるよりも先発投手の勝負弱さというかもったいない感だけが強く印象に残ったゲームだった。悪くはない、だけど勝てない。辛島よ、破るのはこの壁だ。