せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

危うく青山劇場になるところだった...

  • E3−1F

今日の勝利は則本の好投と嶋の8回裏のホームランにつきる。相手の吉川も良かっただけに、並みの投手では対等に渡り合えなかった。今のイーグルスで渡り合えるとすれば、田中か則本か、あとひとり好調時の美馬くらいか。その意味で今日は則本で本当に良かった。
そして8回裏の嶋のホームラン、これが大きかった。8回表に相手・佐藤にホームランを打たれ1点差に迫られたときは、流れを一気に持っていかれそうな雰囲気であったが、あの一発がそれを断ち切った。
しかし、9回表にはまさかの青山劇場が待っていた。最初は8回表2アウトからリリーフした長谷部がマウンドへのぼったのだが、左の西川に代打が出されところで青山へスイッチ。1点差のままだったら昨日のゲームで「あそこで長谷部を使わせるようじゃいかん。」と星野監督にコメントされた切り札・長谷部がそのまま続投したかもしれない。嶋のホームランで2点差になったことが裏目に出てしまった格好だw。
心配していたとおり、青山は先頭打者の近藤を四球で出してしまう。そのあとの大引がゲッツーになり青山を助けるも、青山は「そんな助けはいらん」とばかりに次の陽をまたまた四球で歩かすのだった。このバタバタの展開はまさに青山劇場へのプロローグなのだが、星野監督もあそこでキャスティングを代えるわけにもいかず、バッターは4番のアブレイユを迎えた。
結果は最悪にならずに済んだのだが、何もあそこまでハラハラさせてくれなくてもよかった。青山の起用はかなり限定的になりそうな予感。