せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

守護神・斎藤について

新・守護神と呼ぶにはまだ早いだろうか。このごろは点差の少ない場面で斎藤隆投手がクローザーを任され成功している。ラズナーが戦線を離脱したあと、新ストッパーを任されたのは青山ではなく斎藤だった。ブログでも何度か「1点差の斎藤」について書いたが、年齢的に連投はきつそうだから、点差によって青山を含む他の投手と使い分けていくのだろう。で、点差の少ない緊迫した場面での登板はおそらく斎藤ということになりそうだ。
斎藤のマウンド上での様子から感じることがいくつかある。

  • 相当緊張している。しかし、それを特に隠そうとしない。
  • 集中しようともがいている様子を平気で見せている。
  • 決して投げ急がない。
  • プレートを外したり、牽制球を投げたりと相手との間合いをはかっているようだ。
  • 一球、一球丁寧に投げている。
  • 味わって投げているように見えることもある。
  • ボールが先行してもあとのボールに影響することが少ない。
  • 一球ごとに勝負している印象。

ストッパーを任される投手というのは、たいがい心の動揺を相手に見せまいとするものだ。「最後は俺に任せておけ」と言わんばかりにマウンド上に仁王立ちするイメージがある。ましてや斎藤投手くらいのメジャー実績があれば、相手に緊張している様子や動揺している様子など微塵も見せないだろうと思っていた。平然と凄いボールを投げ込んでバッターを圧倒するかと思っていた。
しかし、彼は違っていた。懸命に落ちつこうとしている様子や集中しようとしている様子が見えた。イーグルスの一員になったばかりのころの斎藤投手に対する私の印象だ。日本のプロ野球への久々の復帰、斎藤投手も人の子ということだろう、くらいに思っていたら、斎藤投手のマウンド上での様子は今もあまり変わっていない。
しかし、彼の凄いところは、足は地にしっかりついてバッターと対峙しているということである。自分を見失って自滅するような隙がまったく無いのである。ここらへんが他の投手との違い、これまで積んできた経験に裏打ちされた斎藤流ということなのかな、そう思う。