せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

一転、最高の展開に(2位ロッテに3連勝)

  • E6−5M

今日のゲームの楽しみは、なんといっても新外国人ピッチャー、ケニー・レイがどんなピッチングを見せてくれるかということだった。21日のハム戦で見せた好投(ナイスリリーフ)は、最近ピリッとしないダックの後釜としての期待を大きくするものだった。見たまんまの印象は次のとおり。

  • コントロールは悪くない。
  • 決め球がない。そもそも球種が少ない(これは解説者の情報)。
  • 簡単に長打になる。
  • 大きくは崩れないが、小刻みに失点しそう。
  • 印象としては、調子がやや悪いときのラズナーという感じか。

今日の出来からすると、ダックと天秤にかけての起用になりそうだが、実績がある分ダックにやや分がありそうな印象だ。
今日の見せ場は7回裏と9回裏の攻撃にあった。攻撃陣はグライシンガーに完全に抑えられ6回まで無得点、楽しみだった先発レイは小刻みに6回まで4失点、結局0−4で7回裏を迎えた。今のイーグルスなら4点差などすぐに取り返せると言いたいところだが、回は終盤、しかもグライシンガーの出来の良さに加え、点の取られ方が悪すぎた、正直勝てる気はすっかり失せていた。
しかし、ここから突破口を開くのだから今シーズンのイーグルスの成長は想像以上だ。7回裏、慎太郎の2ランや島内のタイムリーなどで一気に同点に追いついた。
そして、8回表に1点追加され4−5で迎えた9回裏、先頭の島内がヒット、ライト伊志嶺のエラーの間に3塁に到達。次の岡島が2−2からタイムリーを放ち同点に追いついた。いやあ、聖澤は当分出番なさそう。2番阿部は見事にバントを一発で決め、1アウト2塁とする。
このチャンスに同点どまりはできれば避けたい。一気にサヨナラと行きたいところで、3番銀次は敬遠された。次はAJではなく、AJの代走で出された榎本だったからだ。いや、仮にAJでも銀次は敬遠だったかな。そういう場面がこれまでにも何度かあった。しかし、4番・AJと代走・榎本ではレベルが違いすぎる、普通なら代打を出す場面であるが、榎本をそのまま行かすところが星野流である。そして、その榎本が見事期待に応える。初打点が2位ロッテに3連勝となるサヨナラ打となった。これはとても大きな1勝、岡島で同点、榎本で逆転サヨナラという展開も最高、何も言うことなしw。