せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

「(辛島は)ぜんぜんダメ!」

  • E7−4M

今日は辛島のことを書く。辛島はイーグルスの投手陣の中でメンタルの強い投手ベスト3に入る選手である。ちなみに田中、辛島、則本というのが私の選ぶ3人。辛島が開花したのは、ブラウン監督の頃。中継ぎでの登板が中心だったが、どんな場面で出てきてもしっかり好投していた印象がある。あれ以来、私の辛島に対するイメージは変わっていない。
この辛島のメンタルの強さは、現在の田中の次というローテーションには最適であるというのが私の感想である。田中が投げたあとのゲームはその勝率が示すように投手にとっては非常に投げづらいゲームである。相手チームのバッターは田中よりは攻略しやすいだろうと上から目線で挑んでくるだろうし、前任の出来が良すぎるというのはどんな仕事であってもやりづらいものであるw。その点、辛島はそういうことをほとんど気にせず淡々と投げるメンタルの強さを持っている。田中→辛島のローテを理想的だと思う理由である。
今日のゲームはその辛島が先発だった。心配なのは立ち上がりだけ。前回のライオンズ戦も立ち上がりを攻められ初回2失点だった。しかし、その立ち上がりの不安は今回も的中してしまう。1回の表、簡単に2アウトまで取るも、3つめがなかなか取れない。ヒットと四球によるランナーをためて満塁にし、GG佐藤に満塁ホームランを打たれてしまう。今度は初回4失点である。
その後はどうにか5回まで無失点で切り抜け、5回裏に枡田が2点追加のタイムリー2ベースを放ったことで6−4と逆転、勝利投手の権利は手にしてマウンドをリリーフ陣に託した。
今日のリリーフ陣はほぼパーフェクトだった。金刃→青山→長谷部→ラズナー→斎藤と。ラズナーから斎藤へとオーバーランしてしまったのには理由がある。9回表、ラズナーはブラゼルを1アウトに、次の根元に内安打を打たれたあとで異常を訴え急きょ斎藤にスイッチしたのだ。根元への投球時の右肩の回し方が変だった。ちょっと心配。
ここで長谷部のことにも触れておきたい。今日の長谷部は母親の告別式が終わったあとでチームに合流、8回表1アウトからマウンドに立ち、残り2つのアウトをしっかり取ってマウンドを降りたのだった。魂のこもったナイスピッチングだった。ベンチに下がったあとの長谷部は汗を拭くようにしながら泣いていた。あらためて母親との別れ、感謝、決意、いろいろな気持ちが湧いてきていたのだと思う。
辛島の話に戻す。監督インタビューで「辛島の投球」について聞かれた星野監督は、一段と声を大きくし一言だけ。

  • ぜんぜんダメ!

あまりの迫力ある一言に絶句し次の質問が出なかったアナウンサー。見かねたのか星野監督はにっこり微笑み「ほかに質問は?」と優しく語りかけたのが印象的であった。私なりに解釈すると、「(辛島の実力からしたら)ぜんぜんダメ!」ということだろうと思う。1回の失点はたしかにいただけなかった。さらに5回表のピッチングで2アウトまでは簡単に取っておきながら、満塁ホームランを打たれたGG佐藤にストレートの四球を与えてしまったのも痛かった。2アウトからの四球は星野さんが最も嫌うこと。そして、その嫌いなことを繰り返す、これはさらに嫌いなことなのだ。ま、辛島自身が一番わかっているとは思うがw。