せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

これが野球や、しょうがない

昨日までのライオンズ戦は2夜連続のサヨナラ負けで幕を閉じた。どちらも一度は同点、もしくは逆転までする粘りを見せたが、最後の最後でうっちゃられた。ここらへんはライオンとの地力の差というべきなのだろうか。すんなり白星を渡してくれないライオンはさすがに伝統あるチームという気がした。
イーグルスは今、まさにその伝統チームの仲間入りを果たそうとしている。もがいている。いや、もがくにはまだ少し早い。マジックすら点灯していない。今から優勝の呪縛に悩まされているようでは先が思いやられるというものだ。星野監督の試合後のコメントが印象的である。

  • これが野球や、しょうがない

このコメントに私はちょっとだけ救われた気がした。監督はこれが野球だと割り切った。この連敗を選手が引きずることが心配だったが、監督のこの割り切りは選手にとって救いだと思う。選手を責めるでもなく、失敗を悔やむでもなく、「これが野球だ」と。これで仕切りなおせる。
(ちょっと心配していること)
前夜のゲームで5者連続三振と好調だった青山の出番はなかった。青山の出番で昨日の展開が変えられたとは思わないが、ベンチの判断が青山に対する信頼度の表れだとすれば、それはそれで心配だ。斎藤と長谷部が本来の実力を見せ始めている今、小山、青山の2マウンテンの信頼回復は優勝への絶対条件である。
それからAJ。いまや四球か見逃し三振の2つに一つの人と化している。銀次とマギーが機能しているので得点力はかろうじて維持されているが、さすがに4番にはチャンスで打順が回る場面も多く、そろそろ手を打つ時期ではないかという気もする。以前のブログにも書いたが、多くの解説者が評するとおり、現状が選球眼の良さから来るものだとするならば、AJ自身の意識を少し変えてもらえば良い。しかし、選球した結果というよりは単に身体が反応できなかっただけ、そんな風に思わせる場面も多くなっている。