せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

2夜連続のサヨナラ負けはきついな...

  • L12−11E

今朝更新したブログに「頼りにならない選手」としてあげた選手のうち、今夜のスタメンに名前を連ねたのはAJと聖澤だった。名前をあげたからといって、彼らの活躍を願わないわけではない。そんなケツの穴の小さい男ではないw。
1回表の攻撃、銀次のタイムリーで2点を先取。なおノーアウト2塁で迎えたのが4番AJだった。ここでダメ押しの追加点を期待するのは至極当然のこと。ところが、簡単に凡フライで倒れる。聖澤の登場は2回表、1アウト1塁という場面だった。久々のスタメンということもあるが、これまた高めに手を出し簡単に空振り三振だった。
2回裏はビックイニングになってしまった。先頭打者・秋山のレフトフェンス直撃の2ベースはシンタロウが完全に見失っていた。守備のいい森山あたりであれば捕球していた当たりだったと思う。次の大崎は三振に討ち取ったボールを嶋が痛恨のパスボール、振逃げとなってしまった。これでダックは壊れた。次の美沢を四球で歩かせ、炭谷、鬼崎のタイムリーであっという間に2失点同点となる。なおもノーアウト満塁の場面だったが、次のヘルマンにあろうことか満塁ホームランを喰らう。一挙6失点。あぁ、いきなりのダック劇場。
嶋のパスボールが痛かったなあ。あれは止めてほしい、というパスボールが嶋には結構あるような気がする。田中なら引きずらないが、ダックにはかなりこたえたに違いない。ダック劇場の引き金はあのパスボールだった。
ビックイニングはイーグルスにもあった。まず7回表。AJの見逃し三振はもうしょうがない。見ている方は、四球か三振のいずれかと割り切る必要あり。次のマギーと枡田がヒットで出塁し、キャプテン松井が同点の3ランを放つ。
もうひとつは8回表。四球の岡島とAJを塁上に残し、2アウト1、2塁でマギー。そのマギーが見事逆転の3ランを放つ。これで8−11とイーグルス3点リードとなる。その後、8回裏を斎藤隆と長谷部で乗り切り、9回裏のラズナーへと3点差のままつなげた。ここまでくればイーグルスの必勝リレーだ。ところが、ここまでの逆転劇は9回裏のライオンのビックイニングのお膳立てにすぎなかった。
9回裏の守りについては詳しく書かない。もはや書く気力も意欲もなし。ラズナー不調につき逆転サヨナラ負けを喫す。ちゃんちゃん。
2回終わっての4点差を引っくり返す力は今シーズン身につけたイーグルスの新しいパワーという気がする。しかし、それを守りきれないところが未知の部分ということだろうか。この部分をカバーできるのは選手の経験と監督の采配だけだろう。選手はまさに今、その経験を積んでいる。あとは星野采配または星野マジックに期待したい。
p.s. 【楽天】連続サヨナラ負け「これが野球」(日刊スポーツ) - goo ニュース