せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

勝利の女神はだいぶ迷っていたね...

L3−2E
(今日の山場(●●劇場))

  • 1点ビハインドで迎えた9回表は、AJから始まる期待の打順だったが、あろうことか、AJ、マギーと連続三振に討ち取られる。しかもいずれも見逃しの三振ときた。
    • AJはやむを得ない。もう慣れっこ。しかし、マギーよお前まで...8割方ゲームを諦めた瞬間だった。
  • しかし、次の慎太郎がまさかの同点ホームランを放つ。
    • これが今のイーグルス。ドラマはまだ終わっていなかった、いや、ここから始まるのか、と思った瞬間だった。
  • 同点に追いついて迎えた9回裏、マウンドにあがったのは青山ではなく、小山だった。
    • 正直、嫌な予感がしたのは私だけだろうか。この場合、青山でも同じだったとは思うが。しかも、迎えるバッターはナオト。なぜか旧イーグルス戦士に弱いという変なジンクスあり。あ約束どおり、小山は先頭打者のナオトを四球で歩かせた。小山劇場の始まり始まり...。
  • しかし、栗山が(らしくない)バント失敗で小山劇場はハッピーエンドの可能性が出てきた。
    • と思ったら、浅村に2塁打。1塁ランナーのナオトはホームを狙うが見事な中継バックホームでナオト憤死、いよいよハッピーエンドかと思わせる。
  • 小山は秋山を敬遠、次の熊代に代打大崎が告げられたところで小山劇場は幕が引かれ、金刃へスイッチ。
    • 小山劇場は結末を迎えず幕が引かれたが、金刃がさよならヒットを打たれ、あっという間に大崎劇場のハッピーエンドで幕を閉じた。ちゃんちゃん...、小山劇場は終わっていなかったという結末だw。

(今日の収穫)

  • 辛島の出来
    • 立ち上がりこそバタバタしたが、2回以降は本来のピッチングを見せてくれた。

(今日の勘違い)

  • 青山が5者連続三振
    • 1点差は1点差でもビハインドのときは見違えるようなピッチングを見せる。これが1点リードの場面でも同じようなピッチングを見せてくれたら本物なのだが...。