せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

青山で1点、小山で1点、連勝は7でストップ.

  • E1−2Bs

嶋は、体制を崩しながらファーストへ暴投、ファーストランナーを2塁へ進めてしまうという場面があった。体制が崩れている段階で投げるのをやめるべきところだ。キャッチャーが投手の足を引っ張ってどうするよ、というプレー。嶋については、最近、雑な座席が目立つと書いたばかり。守備まで雑になっているのが少し心配だ。そのせいかどうかは分からないが、途中で小山に代えられた。
6回裏の攻撃は惜しかった。1アウト満塁で迎えたバッターはマギーだ。イーグルスにとっては最も得点になりやすい攻撃パターン。最低でも外野フライはあるだろう、そう思って見ていたら、最悪のゲッツーに終わる。AJ、マギーがチャンスで機能しなかった。今日も金子はそれくらい凄かった。
そして7回表、ピンチのあとのチャンスはオリックスに訪れる。ノーアウト1、3塁の大ピンチを迎えたが、ショートゴロで飛び出した3塁ランナーのイデホをアウトにし、次の原をゲッツーで仕留め無失点で切り抜けた。ゲッツーにはゲッツーでやり返す、今のイーグルスはそれができる。
0−0で迎えた8回表のマウンドに登ったのは青山だった。先頭打者はアウトにとるも、駿太、平野と連打を許し、次の安達のファウルくさい当たりがフェアと判定されて1失点、アンラッキー。アンラッキーな面はあるが、なんだかんだと、青山は必ず1点は献上しちゃう傾向があるんだなあw。3人くらいきっちり抑えてほしいのだが、まだまだ物足りない。コントロールにバラツキのあるところが弱いかな。ストライクをとりにいったところを打たれている印象がある。
もう1点は小山が失点する。先日のブログで成長の跡が見られると書いたばかりの2人がそろって失点した、辛いなあw。しかし、2マウンテンらしいという気もする。金子と美馬はいい勝負だった、そのあとの中継ぎの差が勝敗を分けた感じだ。最後の最後に1点取ったのが光、明日へ生かそう。