せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

戸村はやっぱり戸村、そして気になった他の選手のこと

  • F4−14E
  • 戸村
    • やっぱり戸村は戸村だなあ、そんな投球が随所に見られた。勝てる投手になるにはまだまだ課題が多いと感じる。
    • 先頭打者を簡単に四球で歩かす。しかも、味方が同点、もしくはリードしたすぐ裏の回にそれをやらかす。野手はがっくりだ...。
    • 強打者にはストレートの四球、気持ちが逃げているからストライク入らず。
    • 味方打線が表に2点差をつけてくれたすぐ裏(4回裏)に先頭打者を四球で歩かした。そして、1点差に追い上げられて、なお2アウト2塁の場面。打者(鶴岡)への集中が続かずタイムリー2ベースで同点を許す。ここあたりがまさに戸村なのだなw。
    • 5回表に味方が一気7得点するも、4回裏の不甲斐ない投球にベンチは5回裏から宮川をマウンドへ送った。
  • 宮川
    • 5回裏、アブレイユにホームラン、中田に2塁打と連打されるが、結局1失点で抑える。
    • 投げっぷりの良さは好感、戸村の先発の座を脅かす最有力候補だろう。
    • そのためには、まず低めのコントロールを磨きたい。ボールが全般的に高すぎ。
    • それでもようやくプロ初勝利、おめでとう。父親へ報告するというヒロインにジーンと来た。
    • これが本当にあの嶋か?、そんな打席が随所に見られた。2回表、4回表の打席である。
    • 5回表の打席でやっと息を吹き返した。ここらへんが戸村とはちょっと違うのだなw。
    • ただ、雑な打席が増えてきた感じはする。配球を読んで打ちにいくタイプなので、読みが外れるととんでもない空振りとなる(雑に見えるw)。しぶとい打席を思い出してほしい。
  • 岡島
    • 岡島が目立っている。聖澤の代わりというよりは、聖澤よりも1番バッターとしての適性あり、そんな活躍ぶりである。
    • 昨シーズンは嶋のポジションを脅かし、今シーズンは聖澤のポジションを脅かす。
    • 捕手と外野手、まさにイーグルスの2刀流使いであるw。
  • おまけ(記録ラッシュ)