せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

負けなかったことを良しとしようw

  • E2−2L

5回、降雨コールドによる引分け。イーグルスは今シーズン初登板の辛島が2回表には3連打で1点、スクイズで1点の計2点を先に献上する。あのまま降雨コールドになれば敗戦となるところだった。しかし、4回裏にAJがヒットで出塁すると、次のマギーが見事な2ラン、これで2対2の同点となる。ぎりぎりのところで助かったぁーという感じw。
注目していたのは、今シーズン初登板の辛島だった。最初のうちは、ボールが全体的にやや高かった。というか、ストライクになるボールが皆高めに入っていく感じだった。丁寧に低めをつくコントロールが持ち味(武器)の辛島だから、これではライオンズ打線をなかなか抑えられない。その結果が2回表の失点を生んだ3連打であった。その後は修正されつつあったので、次は期待したい。
注目の2つめは、これまでずっとレギュラーの座を守っていた1番の聖澤と2番の藤田がとうとう先発をはずれたこと。代わりにスターティングメンバーに名前を連ねたのが岡島(ライト)と岩崎(セカンド)の1、2番コンビであった。いい感じでバットが振れていたから、もしかしたら、次もこのコンビが試されるかもしれない。もうひとり、最近の低打率トリオのメンバーであった4番のAJは変わらず。年齢的には最も休養を必要とする選手のようにも思えるが、なんだかんだいいながら、いつも大事な得点にからんでくるのだなあ。なかなかはずせないか...。
ゲームの流れは、イーグルス島内のファンブルとライオンズ熊代の超ファインプレーという好対照に表れていた。すなわち、完全にライオンズに傾いていたと思う。その流れに待ったをかけたのがマギーの2ランと降雨であった。逆転のトーホク・グリーンのことだから、あのままゲームが継続されたとしても、おそらく逆転して5連勝となっていた確率が高いのだが、降雨ゴールドゲームで引分けが決まったときのイーグルスベンチの和やかな雰囲気からもわかるように、今日は負けなかったことを良しとしよう。