せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

森くんが「持っていない」とは思いたくない...

楽天森、腰痛で登板回避/F球宴(日刊スポーツ) - goo ニュース
楽天の2012ドラ1投手、森くんの活躍を期待していただけに残念であった。出場できなかった彼が一番悔しい思いをしていることは容易に想像できる。そんな彼に追い討ちをかけるようで気が引けるが、私は森くんの「持っているもの」について考えたときに少しだけ不安になった。「持っているもの」とは、実力とかスター性とかいった直接的なものではなく、斎藤佑樹などがよく使っていた「何かを持っている」というときの「持っている(もの)」のことである。プロ野球選手として活躍できる(している)選手の多くは、“ここぞ”という場面にチャンスが巡ってきて、それを確実に生かしている(生かしてきた)ように思うのだ。別の言い方をするならば、飛躍するための“きっかけ”というものが巡ってくる運命、そしてその“きっかけ”をものにできる運命ということだろうか。フレッシュオールスターでMVPを取った選手は後にスター選手になっているというのもその良い例だし、ドラ2の則本が開幕投手に抜擢され、今やローテを守る柱の一つになっていることも同じだと思う。
森くんがフレッシュオールスターの先発投手に選ばれていたことを知ったときに、何かを持っている、きっかけが巡ってきたか、そんな予感がしたのであった。しかし、それを生かす運命までは持ち合わせていなかった。縁起でもないのだが、このニュースを見たときにそんなことが頭を過ぎったのである。身体が出来ていない、本番に最高のパフォーマンスを見せるための調整に慣れていない、根本の原因はいろいろあると思うのだが、天性のスター選手というのは、そういうことを意識せずに(または、しっかり意識しているかのどちらか)しっかり出来ているように思えたりするのだw。