せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

最高の勝ちの後には、最高に悔しい負けが待っていたか...

ロッテの連勝をイーグルスが止め、イーグルスの連勝をロッテが止めた。つまり、お相子。ただし、交流戦直前のゲームとしては、やや悔しい幕引きとなってしまった。同じ1勝1敗なら、ロッテの終わり方が理想的だったかな、結果論になってしまうけど。イーグルスは8回の表に同点に追いついて、9回の表で1点を追加してリードした。あそこまで行ったらやはり勝ちたかった。青山もなあ、先頭打者を打ち取った後に、なんで次の打者を四球で歩かすかなあ。ものすごーく悔やまれる。あとは今江との対峙の場面、今江には打ちそうな雰囲気があった。役者の違いとでもいうようなものだろうか。強面の今江とベビーフェイスの青山、それだけの差とは思えない。青山には絶対的な守護神としての風格がまだ足りない。「青山が出てきたらもう終わり」という空気が相手チームにはまだない。相手に与える「威圧感」というか「諦めの雰囲気」というか、そういう点では斎藤隆の方が役者が上だと思うんだがなあ。そうもいかないか...
永井は悪くはなかった。と言いたいところだが、いつもこれではやっぱり勝てないだろう。印象的だったのは、新人・加藤に“してやられた”2度の場面である。1度めは3回裏の初球ホームランであり、2度めは4回裏の内安打。いずれも永井のわきの甘さ、詰めの甘さを思わずにはいられない。ピッチャーは「マウンド上から見下ろすくらいの気持ちで相手打者に向かえ」とは良く言われることであるが、それは優位に立って料理しろということであって、決して甘く見ろということではないだろう。惜しい、3度目の正直に期待。
カード初戦の見事な逆転劇に星野監督もチームの勢いを信用する気になってきたか、5回裏の2点ビハインドの場面で永井→片山ときて、次に斎藤を投入する。高須の年齢を感じさせる緩い悪送球により1点取られるが、あれさえなければ。いや、「たられば」はよくない。ここにきて、イーグルスには粘り腰が出来てきたように思う。気持ちを切り替えて交流戦に突入だ。貯金1で入れるのだから上出来と言っていいだろう。