せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

写真の整理(GW秋田編)

今週のお題「2013年のゴールデンウィーク
連休後半は秋田へ帰省した。いやあ、寒かった。まるで、3月下旬から4月上旬の頃の感覚で、実家の石油ストーブはいまだに大活躍であった。寒さだけではなく、景色にもどこか違和感があった。桜がほとんど咲いていなかったのだ。連休後半というと、いつもなら桜がいい感じに咲き始めている頃。満開ということも多かったので、最初はもう散ってしまったかと思ったくらいだった。ところが、お袋に聞いたら「まだ咲いでねぇのよぉ。」と意外な返事。桜まつりをGWにぶつけたい観光関係者の方たちにとってはさぞ恨めしい天気に違いない。
そういうわけで、桜の写真・第二弾を何枚か撮れるだろうと期待していたけれど、結果1枚も撮れず。それでもところどころで撮った雑写真がiphoneに残っていたので、コメントを添えて記録しておく。

▲帰省した3日の東北道は鶴巣SAで撮影したもの。行列のできているバンを見つけたので、並んでみたらドーナツの移動販売車だった。その名も「蔵王お釜ドーナツ」、豆腐ドーナツと看板を立てていたと思う。出来立てだったので、たいへん美味しくいただいた。

▲帰省時には必ず食べに行く中国料理の「鳳仙花」さん。ここはチャーハンが特別に美味しいんだが、今回はあっさり「とりそば」をいただく。

▲息子の帰りの新幹線の切符を買いに角館駅へ。みちのくの小京都と呼ばれる角館、今の時期は、桧木内川堤に2キロメートルに渡ってソメイヨシノが咲き誇り、武家屋敷には、樹齢300年以上の古木や、国の天然記念物に指定されている162本のシダレザクラが満開になる。ところが、最初にも書いたとおり、桜はどこもかしこもつぼみか咲き始めという状態。ここ角館も同じだ。観光客はそれなりにいらっしゃるが、桜の咲かない寒々とした街並みは観ていただくのも気の毒という感じである。桜まつりは6日まで延長されたようだが、今年のGWは、観光客の皆さんにごめんなさいと謝るしかないだろう。写真は、左から「角館駅そばにある蔵と桜」、「西宮家から裏小路へ抜けたところ」。

▲西宮家にて。恥ずかしながら、今回初めて知った民芸品?。「角館草履」というのだそうだ。色のバリエーションはほかにもいろいろあるようです。