せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

同級生対決には強いのだ

イーグルスは今日から日ハム戦。初戦の先発は、イーグルス田中、日ハム吉川、いわゆるエース対決。であると同時に、同級生対決でもあった。同級生投手といえば、カープの前田、ジャイアンツの沢村などがいるが、彼らはいずれもセリーグパリーグの同級生投手となると、日ハムの斎藤佑樹吉川光夫ということになるが、田中は不思議と同級生対決では負けていないような印象がある。このイメージはおそらく斎藤佑樹との対決で負けていないところから来ているのだと思う。今日の吉川は、昨年のパリーグMVP投手、ここで負けなければ「同級生不敗伝説」は本物だと思っていた。結果は見事に勝利。初回こそ嫌な予感が頭をよぎったが、そこはやはり役者が違うのだった。
最後の青山も良かったね。三振が取れていたこともそうだが、何より四球を出さなかったのが良かった。大野にヒットは打たれたが、あれが四球だったらまた違う展開があっただろうとも思う。四球を出すと出さないとでは、ゲームの空気感がまったく違うことを改めて感じた。野手の気持ちたるや推して知るべしである。