読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

あれから1年

3.11震災からちょうど1年である。ここ数日は、テレビでも特番が組まれ、否応なしに「あの日」のこと、いや、あの日以降のことを思い出させられる。僕のところは、直接の物的震災がなかったので、あの日(あの時の)の恐怖よりもあの日以降のライフラインの切断された不便な生活のことが思い出される。あれからもう1年。1年前のことだが、つい数ヶ月前のことのようにも思えるし、ずっと遠い昔のことのようにも思える。ただ、二度と経験したくない出来事という点だけは変わらない。二度と経験したくない出来事だが、決して忘れてはいけない出来事。皮肉なことに、瓦礫処理のことや原発問題のことがあるうちは忘れようにも忘れられないというのが現実だ。
この1年目という節目の日に何を思って過ごそう。14時46分、地震が来ないことを先ずは祈る。