せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

野村の監督ミーティング

週末、東京へ行った帰りに駅の書店で「野村の『監督ミーティング』」を買って新幹線の中で読んできた。野村さんがイーグルスの監督をしていたときのヘッドコーチ橋上秀樹さんの書いた本である。帯に「私が橋上君を信頼している理由が、ここにある。」野村克也氏推薦!とある。
野村流には、有名なぼやきをはじめとして賛否両論があったと記憶するが、野村さん自身が言えなかったその狙いや期待する効果について、この橋上さんは見事に代弁している。信じる者は救われるではないが、野村流をこれだけ信じることができれば、きっとそれなりの効果はあるに違いない。結果、リーグ2位の成績を残せたわけだし。ある意味、野村流が開花した証でもあったわけだが、これを継承できなかったのが残念である。ブラウン流、そして今の星野流。選手らが振り回されている感が強い。
野村さんの後任として橋上さんが監督になり、コーチ陣がそのままだったらどうなっていただろう。最下位になってしまった今、そんなことを考えながら読んでいた。