せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

一部損壊

3.11大震災から2ヶ月以上が経ち、僕の住んでいるマンション本体に保険会社から一部損壊の判定、管理組合に保険金が入ったという情報を入手した。損壊らしい損壊などなかったと思っていたから、これには少し驚いた。外から見る分には損壊の場所など見当たらない。どこにどのくらいの損壊を認めたのだろう、あとで管理人に聞いてみよう。
で、今度は自分の専有部分で入っている地震保険も降りるかもしれない、というので、保険会社に連絡、来月始めに部屋を見に来てもらうことになった。あらためて部屋の中を隅から隅までじっくりチェックしてみると、これまで気づかなかったひび割れなどが見えてくるから不思議である。あれれれ…、こんなところにもあったんだね、みたいな。壁紙が避けて割れたようになっているのだが、なんで今まで気づかなかったのかが本当に不思議だ。台所のタイルのところにもひび割れを見つけて妻が興奮していた。3.11大震災のあとで何度となく余震が続いていたから、知らない間に出来ていたのかもしれない。
さて、保険屋さんの査定で保険金が出れば出たで嬉しいが、逆にショックでもある。これは複雑なところである。