せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

週末は東京へ(震災22日〜23日め)

金曜の夜に東京へ移動、土日は東京の息子のところで過ごした。まとめて更新しておく。

(4月1日)

朝の通勤途中にクリーニング店へ寄った。11日の地震のあと、ずっとお店は閉まったままだったが、一昨日の夕方にお店を開けていることに気づいた。ちょうど3週間ぶりに洗濯物を持ち込んだことになる。通常営業だと朝出して、その日の夕方には仕上がるのだが、今は早くて翌日仕上がりだ。それでも思っていたよりは早い。今夜の夜行バスで息子のところへ出かけるので、週末は東京で過ごすことになる。帰宅するのは日曜の夜、月曜日に取りに行くことにして、Yシャツ5枚を出した。

夕飯は、「なか卯」で和風牛丼と豚汁をいただいた。妻からカエルメールが届き、妻が利用している高速バスのバス停近くの「なか卯」で待ち合わせた。「なか卯」は、だいぶ早い時期から営業を再開していたと思う。メインメニューは牛丼とカレーだけだったが、注文してから出てくるまでの時間がとにかく早い。さすが、なか卯の牛丼である。客は多いが行列ができることもなく、いい感じで回転していた。

高速夜行バスは仙台駅東口を11時45分に出る便だった。タクシーを呼んで、家を出たのが11時10分ころ。受付が必要だったので、早めに出た。集合場所には大勢の客と、それを乗せる大型バスが何台も止まっていた。高速夜行バスは何便も出ているのである。



受付を済ませ、バスに案内されるまでの時間は、とにかく寒かった。東京の週末の天気予報は、好天だった。軽装でいいかなとも思ったが、ネックウォーマーと手袋は一応鞄に入れておいた。すぐに取り出し、防寒。我ながら大正解であった。バスの座席は前の方が4列、後ろの方が3列という配置。僕らは3列の席を予約しておいた。いくらか幅広、料金は高めだが、これまた正解だった。

(4月2日)

途中、サービスエリアで2回(安達太良が午前2時半ころ、佐野が午前4時半ころ)休憩が入った。最初のうちは良く眠れなかった。何度も向きを変えながら、自分の位置を探すのだが、どうもしっくり来ない。たぶん、うつらうつらと眠ってはいたと思うがまったく寝た気がしない。2回の休憩場所では、必ずトイレに立った。良く眠れてなかったというのもあるが、深夜のサービスエリアにちょっと興味もあったから。妻は高速バスに慣れているせいか、いたって元気で、休憩時間のたびにお土産を何個か買って席に戻ってきた。僕が完全に気を失ったのは、佐野サービスエリアを出てからだったと思う。気づいたら新宿だった。新宿駅西口に6時半分ころに到着。高速夜行バス、料金は安いが、やはり東京への移動には体力的にきつい。できれば避けたい。



息子のところへは、朝食を食べてから向かった。息子のところの駅構内にあるパン屋さんの朝食は、ベーコンを挟んだロールパンにホットミルクをセットした。そこでしばらく時間をつぶして8時ころにパン屋さんを出た。手荷物は多かったが、タクシーは使わず歩いていく。大きなスーパーあり、コンビニあり、飲食店もちらほらと。なかなか便利そうで良い商店街だ。一安心。息子のところは、駅から徒歩15分くらい。自転車があればもっと便利で快適だろう。ま、それは追々。

息子の部屋。なかなかきれいにしてあった。といっても、まだ1週間しかたっていないから当たり前か。新品の机とベッドと本棚、冷蔵庫に洗濯機、すべて息子が妻に相談しながら選んだものである。僕が一人暮らしを始めたときと比べたらかなり贅沢である。僕は学寮に入ったので、だいたいのものは共有物品としてそろっていた。ま、そんなことを息子に言っても始まらない。

テレビはまだなかった。今回、買いに行こうということになっている。先週来ている妻の案内で、昼ごろまで近所を散策した。駅と反対側へ歩いていくとスーパーとホームセンターなどが一緒になっている施設もあった。そこでケンタッキーと菓子パンと牛乳を買って帰り、それをランチとする。午後からは妻と2人で大学まで行ってみた。電車とバスを乗り継いで、約40分くらい移動する。震災の関係で4月3日に予定されていた入学式は中止になった。なので、明日は息子と一緒に買い物で時間をつぶすことになる。夕飯は駅近くの居酒屋で済ませ、僕と妻はビジネスホテルに宿泊した。ビジネスホテルでは、地震後初めてとなる風呂に入った。最高に気持ちよかった。蛇口とシャワーからお湯が出る。いやあ、贅沢である。