読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

万引きしてきたように見えていないかと心配だった(震災20日め)

3.11震災

(3月30日)

避難所で体操する人たちの様子がニュースで流れていた。エコノミック症候群予防の体操である。避難生活はさぞ不便だろうと思うのだが、みんな笑顔だったのが印象的である。人間って強いなあ、とつくづく思う。

原発風評被害で、福島県産の野菜などは大打撃である。…と思っていたら、東京にある福島県のアンテナショップには、出荷制限されていない野菜などの商品を購入することで福島県を応援しようというお客さんが詰め掛けているそうだ。通常の1.3倍くらいの人出らしい。なんとも嬉しくなる話題である。

会社の帰りに7−11へ寄った。コンビニ弁当を2つ買った。僕と妻の今日の夕飯だ。昨日、一昨日と僕が夕飯を作った。といっても、メインディッシュは味噌汁なんだが。具沢山の味噌汁。妻はこのごろ帰りが遅い、平均すると20時を少し過ぎるくらい。

納豆が売っていたので、それも購入。特濃ミルクのキャンディーが欲しかったが、おやつ系の商品はまったく無し。代わりにパンがたくさん置いてあった。食パンも菓子パンも選り取り見取り。でも、こういうときに限って我が家の在庫も豊富なのである、買わず。牛乳が飲みたかったが、置いてなかった。地震のあと、牛乳をまったく飲んでいない。今年になってから、意識的に豆乳を飲むようにしていたから、特に苦痛というほどではないのだが、飲みたいときに飲めないという状態がちょっと淋しい気もして複雑だ。結局、お弁当2個と納豆3個パックを持ってレジへ。レジ袋がないと言われ、そのまま手に持って帰った。お店から出たときに、万引きしてきたように見えていないかと心配だったが、堂々と帰った(?)。家には捨てずにとってあるレジ袋がたくさんある。次から、大、小1枚ずつを鞄に入れておこう。