せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

地震から1週間

(3月18日)

地震から1週間。停電あり、断水あり、食料不足、ガソリン不足と非日常的な環境の中で過ごしたこの1週間、長かったような早かったような。ただ、まだ終わったわけではない、始まったばかり…だ。それを思うと気が重くなる。でも、僕などの不自由さは、避難所で生活する人たちに比べればまだまだかわいいものだ。愚痴は言うまい。

食料調達がしやすくなった気がする。食料、物資を提供する人たちの数が増えてきているのだ。例えば、昼に営業している飲食店がちらほら出てきた。例えば、今日などは、社員食堂で野菜や果物をわけてもらった。例えば、お店で買える商品の数の制限がゆるくなった。久々にリンゴを食べて元気になった気がする。

プロ野球、Kスタでの開幕を楽しみにしていた。開幕2日めのチケットを手配済みだったが、無駄になってしまった。パリーグは開幕を延期したらしいが、セリーグは予定通りだそうだ。人気のセリーグ、実力のパリーグと言われていたが、人気も実力もパリーグと言われる日もそう遠くないという気がしてきた(個人的には既にそうなっていると思っている)。甲子園も予定どおり…か。でも、こっちは違和感がない。理由はうまく言えないが。

1週間がたち、テレビ番組の編成に変化が見られる。歌番組やバラエティなども流れている。日常に少しずつ近づいている。