せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

へそのあたりを出すように歩く

稽古4日め。…と言うか、週一だから4回目と言ったほうがより正しいかも。毎週、異なった型を教わるので、間に1週間のインターバルが入るのは案外良い感じである。家に帰ってからも、部屋でときどき復習ができる。たとえば、今日教わった型がその場では上手くできなくても、次の週までにはどうにか形になっている。そして、また新しいのを教わる。この繰り返しが理想的なのだ。

稽古は前回までの復習から始まる。大きく円を描くように歩く。気温もそれほど低くなかったせいか、2周ほどしたところで早くも汗ばんできた。「もっと低い姿勢で!」、「腰が出ています!」、「はい、視線が下がりましたよ。視線をあげて!!」、先生の指摘は的確かつ容赦がない。ときどきは、「オッ、今の姿勢は良いですよぉ」というお褒めの言葉もいただくが、そのときは決まって、「お腹(ヘソのあたり)が出すぎじゃないか…」という感覚のあるときだから、意識的にお腹を出すくらいの感覚がちょうど良いのかもしれない。今度は最初からその感覚でやってみようと思う。

前回までの復習も終わり、新しい型へ。オッ、ジャニーズのダンスのような感じじゃん…、いや、仮面ライダーが変身するときのような感じもするぞ…。いずれ、今回の型は、前回までの変形だから、それほど難しくない。一通り間違えずに出来たと思う。汗をたくさんかいた。爽快だ。気持ちいい。

家に着くなり心地良い疲労感に襲われ、そのまま2時間ほど昼寝した。水泳のあとの疲労感に似ている。