せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

Twitterのフォロー返しに期待する仕組み

Twitterでフォローされると、フォロー返しするのが人情というものである。ありがとうの意味のお返しということもあるが、そのままフォローしておいてほしいという拘束のためのニュアンスもあるのではないか。フォロワーの中には、明らかに宣伝目的というのもあるのだが、フォロワーの数としては同じ1カウントなわけで、これをつなぎとめておくためにフォロー(返し)する。すると、たちまち宣伝つぶやきを読むことになるのだが、これは宣伝を目的とした側からすると、よくできた仕組みだと感心する。フォロー数がフォロワー数を大きく上回っていたりするIDはこの手の可能性が強いような感じがする。しばらくして、フォローするのを止めると、向こうも初期の目的を達したと思うのか、すぐにフォローをやめてしまうのだが、少しだけむなしい気分になる。フォロワーのゲットを目的としたフォローについても似たような状況がある。むなしいのは一緒である。