せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」

昨夜は、マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」を観てきた。今年の6月、一ヶ月後のロンドンでのコンサートを控え急逝したマイケル・ジャクソン。その死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー映画である。

僕は、マイケル・ジャクソンが特別に好きなアーティストというわけではなかった。どちらかといえば、マスコミ報道などの受け売りで、あまり良い印象を持っていなかった。それが、この映画のネット上の評判を目にしている間に、マイケル・ジャクソンに対するイメージが少しずつ変わってきた。映画を観たいと思った。

我が息子もまったく同様だったらしく、今回は息子の方から「観に行かない?。」と誘われた格好だ。おかげで、同じ映画を家族一緒に観るというだいぶ久しぶりの事態になった。この映画の良かったことのまずは一つめである。

2つめに良かったこと。マイケル・ジャクソンというアーティストのファンになれたことである。彼が他のアーティストやスタッフに接している映像から、彼の純粋さや優しさが実に良くわかったし、彼の歌、踊りは、リハーサルではあったけれど、素晴らしくて、かっこよくて、完璧で、とにかく良かったのである。どの曲も一度は耳にした曲ばかりで、年甲斐もなく、映画を観ながら身体が自然にリズムをとってしまっていた(笑)。いつの間にかスクリーンの歌と踊りに意識を奪われ、あまりの迫力と完璧さに、曲が終わったシーンで思わず拍手してしまいそうにもなった(頭の中では完全にスタンディング・オベーション)。

3つめ。マイケルのステージにも感激したが、同じステージに立つバックダンサーやバックコーラスの人たちの真剣で、嬉しそうで、幸せそうな表情や空気にも凄く感動した。彼らがインタビューに応えてマイケルに対する思いなどをコメントしているシーンがところどころで流れたせいもあるのだが、マイケルと一緒のステージに立つことが彼らにとってどれだけ夢のような出来事であり、どれだけ誇らしいことであるか。うれしくてうれしくて堪らないというその感動が歌っている表情や踊っている躍動感からビンビン伝わってくるのである。彼らの感動や感激を想像するだけで、まるで自分のことのように感激してしまうのは、歳のせいかもしれない。観ていて自然に涙があふれてくるのには、まいった(笑)。

息子が「もっと早くマイケルのファンになっていれば良かった。」みたいなことを帰りの車の中でボソッと喋ったのだが、父もまったく同感であった。いい映画だった。



[THIS IS IS]

http://www.thisisit-movie.jp/