せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

楽天ファン失格/仙台のファンは世界一です、と言わせたい

twitterの10つぶやきに1フォロワー原則(あくまで僕の場合)は、いまだに続いている。現在のつぶやき数342に対し、36フォロワーである。

楽天のCS第2ステージの後半あたりからフォロワーの数が立て続けに減ったことがあった。そのころのつぶやきに楽天に関する愚痴や罵声が多くなってしまったことが原因か。もしくは、このブログに野村監督を批判するような内容を書いてしまったことかもしれない。「楽天のファンだと思ってフォローしたのに、こいつは偽者だぞ!」ということなんだろう。考えすぎかもしれないが、このブログ記事の前振りとしてそういうことにしておく(笑)。

楽天は好きだけど、好きだからこそ出てくる愚痴や文句もある。そういうのを遠慮なしに言っちゃう(書いちゃう)のが、僕の楽天の応援スタイルなのだが、たしかにそういうのに反感を持つ楽天ファンは多いと思う。ファンはどんなときでもチームや選手の悪口など言わず、暖かく応援するのが正しいという考え方。仙台のファンはどんな試合でも最後まで席を立たずに応援してくれる、テレビのインタビューなどで、監督や選手たちの口からときどきそんな褒め言葉(?)を聞くことがあるが、この点に関してだけは、僕は楽天ファン失格なのであった。いい試合をすれば懸命に応援するが、情けない試合だったらばイスを蹴っ飛ばして球場を後にする。そんな楽天ファンである。

twitterの話題で書き始めたと思ったら、いつの間にか楽天の話になってしまった。やっぱり楽天が好きなんです。

ところで、ブラウン監督の就任が正式に伝えられた。朝刊の記事が良かった。

  • これまでは、チームの基盤が整わず、「野村監督のような圧倒的指導力が必要だった(島田社長)」
  • これからは「選手と同じ視点で悩み、考え、喜びを分かち合える指導者が必要でブラウン氏は適任だと思う(島田社長)」
  • 体制ではチーム、フロントがより密接に連携、野村監督個人の力で行ってきたことを組織としてできるようにし、「自走するチーム」を目指す。

    球団の方針としてはすばらしい。うまいことを言う。

    一方で野村さんの人気と実績を受けてその後を引き受ける日本人監督はなかなか見つからないだろうというのが正直な印象である。ただ、前にも書いたが、僕自身、ブラウン監督に悪いイメージはない。大いに期待もしている。広島で言ったかどうかは分からないが、「仙台のファンは世界一です!」とブラウン監督に言わせたいものである(笑)。