せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

ダル降臨

日ハムはとうとうダルを出してきた。もちろん、テスト登板というわけではない。初戦に敗退し、絶対に負けられない第2戦めで出してきたのだ。野村さんが岩隈(エース)で負けたら諦めがつくというような言い方をしていたけれど、今のダルはそういう選択肢からもはずされていた故障者であったはず。ダルが志願したという話もある。CSの第2戦、ダルは楽天・岩隈の熱投をベンチからジッと見つめていた。同じエースとして何かを感じとったのかもしれない。ダルの投球は見事だった。病み上がりとは思えない堂々とした力投を見せた。さすがにものが違うのであった。ダルと比較すると内海はやはり見劣りするのである。解説の清原がかなり厳しいコメントで内海の素顔を語っていたけれど、ジャイアンツのエースとしてはまだまだ物足りないのである。ジャイアンツはあれだけの選手層を誇りながら、エースはだれ?となると名前が出てこないところが痛い。というか、不思議だ。

さてさて、シリーズはこれで5分になった。ダルが使える(?)ことがわかり、両チームの空気はかなり違ってくるだろう。日ハムには大きく+となるだろうし、ジャイアンツには大きな−となる。一方でダルにどこまで無理をさせるかという悩ましい決断もある。心優しい梨田監督がどういう決断を下すか楽しみ。