せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

今まで経験がありません、こんなに悔しい負け方は

選手を信頼するというのは難しいことである。永井でもう少し行くべきだったかも。川岸で行けるところまで行くべきだったかも。昨日の場合は、永井と川岸を信用しなかったというよりは、次の投手を信用したということだ。楽天のリリーフ陣には、これまでにどれだけ裏切られてきたことか。大事な試合であればあるほど、期待を裏切ってきたはずなのに、なぜか同じ失敗を繰り返してしまう。たまぁ〜に期待に応えてピシャリと抑えたりするものだから、フッと気を緩めてしまうのだ(それでも長谷部は使わなかったが)。初戦はどうしても負けられない試合だったはず。その行方を託せるリリーフ陣かどうかという判断だった。得点差なんて関係のないリリーフ陣、いや、得点差があればあるほどプレッシャーに感じる連中なのである。データ野球とは相手のデータを分析するだけではないはず、自分のチームのリリーフ陣の戦力データはどうなっているのか。たしかにここでリリーフ陣がいい感じで抑えてくれれば、この先の戦い方に良い影響が出てくる、楽になるという目論見はあっただろう。だけどそれが甘かった。

ありったけの罵詈雑言を書いてみた。それだけ昨日の敗戦は悔しかった。サッカーの試合にたとえるなら、ロスタイムにオウンゴールを2つ決めて負けた感じである。もはや、リリーフ陣はいないものとして闘うべし(それができたら苦労はないのであるが…)。楽天の勝利の方程式、それはリリーフ陣を出さないことである。ま、ここではリリーフ陣と大きなくくりで書いたが、まったく言い訳できないダメ投手は限られている。