せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

理想的な初戦勝利



楽天が大事な大事な初戦を勝って、CS第2ステージへ王手。初戦を岩隈で勝ったというのが大きいなぁ。気分屋の岩隈が気分よくCSのスタートを切れたのは次の登板の出来にかなり大きく影響する。山崎も打った。エースと4番の気分が良ければチーム全体の雰囲気が良くなる。理想的な展開だ。高須とかセギノールとか中島とか、シリーズ男候補も目白押しである。

さぁ、第2戦。この状態で第2戦めの先発を任されたときに、並のピッチャーだと、初戦の良い雰囲気を逆にプレッシャーに感じて自滅したりするのだけれど、マー君に限ってはその心配がない。更に調子を上げて向かっていくタイプである。このまま一気に決めたいところだ。野村さんがところどころでベンチから出て選手に何やら声をかけていたのが印象的である。草野のとき、直人のとき。そして、そのあとは不思議といい結果が出ていた。野村マジックかもしれない。いよいよノムニーニョ現象全開である。岩隈の「てっぺんとるのは本気ですから」というヒーローインタビューでのコメントがよかった。ファンも本気ですから。