せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

祝!楽天CS進出!!



今朝の地元紙の朝刊は1面、社会面、スポーツ面が楽天一色である。仙台が楽天のCS進出に沸いている。

昨夜は途中からネット中継を観戦したのだったが、大量得点差に守られていたから、最終回の青山がスコーン、スコーン、打たれても安心して見ていられた。そして、CS進出を決めた瞬間、選手ひとりひとりの感激の様子を見ているだけで幸せな気分になった。試合に出場した10人全員のヒーローインタビューも良かった。渡辺や草野などは今にも泣き出しそうな雰囲気だったが、それを見てまたジーンと来た。

楽天は本当に強くなった。球団創立時、かなり理不尽な分配ドラフトだったことを思い出すとまるでドラマを見ているようだ。オリックス近鉄が合併し、そこからはじかれた選手で作られた球団、それが楽天だった。オリックスとの対戦では1軍と2軍の試合をみるような惨めな気分だったという記憶もある。それがどうだ。この大事な場面で昨年のチャンピオンチームにあれだけの得点差をつけて勝てるようになったのだ。今の楽天なら優勝だって狙える、そんな気になるのに何の不思議もない。

野村監督の言うとおりにやっていれば勝てる、選手がそう思ってプレーしている。信じるものは強いのだ。これを「ノムニーニョ現象」と呼ぶそうだ(笑)。

当面のライバル、ソフトバンクとの試合が最終戦となる。これまた最高のシチュエーションだ。できれば、余裕をもってこの試合を迎えたいものだが、ここで2位が決まるという状態で見たい気もする。ソフトバンクのオフィシャルサイトを覗いたら、「フリキレ!!」という4文字が躍っていた。ぜったいにフリキラレナイようにせねば!。野村監督を胴上げしてもらいたい。そして一発逆転、監督続行の夢も捨ててはいけない。