せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

野生メダカ



先日、ホームセンターで睡蓮鉢を買ってきた。ベランダに置いた。10リットルのバケツで水を入れてみたら14,5リットルも入ったろうか。いや、もっと入ったかな。水草も入れる。



家主は金魚鉢で買っていた野生メダカ。広い睡蓮鉢の中はやはり気持ち良さそう。すいすい泳いでいる。



朝早くエサをやり、帰宅して、外がまだ明るかったらまたエサをやる。



エサをやろうと鉢の真上に顔を出すとメダカはサッと水草の中に隠れてしまうのだが、そこがとても自然で、野生でうれしくなる。お腹に卵を抱えているのが2,3匹見える。これがまたうれしい。もう少し経つとミニメダカがちょろちょろと泳ぎ出すはず。



「お父さんって、魚が好きなんだね」、息子が“なんで?”という感じで訊いてきた。そう、このメダカはぼくが飼っている。魚が好きだというよりも野生とか自然が好きなのだ。睡蓮鉢の中には間違いなくひとつの自然界が存在する。そんな感じが楽しいし、見ていて飽きないのである。