せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

よい子が多いので安心

ブログのタイトルを「仙台雑記」としているので、テキストの中にひとつふたつ仙台の話題を入れたいと思っているのだが、平日のサラリーマンの生態などは仙台であろうが東京であろうが札幌であろうが福岡であろうが、あまり変わりはない。なので、この頃は仙台雑記ならぬただの“おやじサラリーマン”雑記という内容に。



で、今日は出勤時にマンションの前で会った小学生のことを少し書いておく。



マンションのエントランスから外に出ると、非常階段を下りてきた小学生と一緒になる。もちろん、同じマンションの子どもだ。ときどき見かける男の子であるが、おそらく3年か4年くらいだろう。ランドセルがそんな感じである。



その子がぼくの顔を見て「おはようございます。」と元気な声で挨拶してくれた。「オッ、おはよう!」と応える。こういう良い子を見るとつい先生にでもなったような受け答えをしてしまう。はっははは。実に気持ちよく一日のスタートを切る。



うちのマンションには良い子がとても多い。高校生、中学生、小学生。どこの家の子も会うとしっかり挨拶してくれる。エレベーターに一緒になった女の子に「何階ですか?」などと訊かれることもあるし、先に乗ってた子どもが扉を開けたままぼくが乗るのを待っててくれたりもする。子どもがしっかりしているということは家庭もちゃんとしているということ。なんかホッとするのである。