せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

存在自体がストレス

息子とまたまた口論。

このごろは淀みなく反論してくる。いい勝負をしているのが情けないというか妙に嬉しいというか。。ぼくがあまりにも分からず屋なものだから、息子はときどき泣き出すことがある。悔し泣きだ。親子であることを忘れて兄弟喧嘩のように口喧嘩する。さんざん言い合ったあとで、息子の言いたいことがなんとなくわかるときがある。ほとんどは「甘ったれたこと言ってんじゃねぇ…」という感じなんだが、10のうち3回くらいは「なるほど」と合点のいくことがあるのである。今日もそうだった。それが息子にも伝わると、言いたいことを言った後は、二人ともいい顔になっていたりする。お互い いい感じでストレス解消になっているのかもしれない。「お父さんの存在自体がストレスなんだよ!」と凄まれたときにはさすがに少し引いたのだった。ときどきガス抜きしてやらないと、そのうち金属バットで殴られるかもしれない(笑)。