せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

風憚(ふうたん)



神の河(かんのこ)」が空になったので、近所の酒屋へ買いに行く。すると酒屋のオヤジが「もう“神の河”は流行らないんだよねぇ・・・。今は、こっちの方が売れてるんだけど・・・。」と「からす」という麦焼酎と「風憚(ふうたん)」という芋焼酎を勧めてくれた。なんのことはない、「神の河」の在庫を切らしていただけのようだったが、そこはさすがに酒屋のオヤジ。棚に並んだ“売れてる焼酎”を盛んにPR。オヤジの講釈を聞いているうちに“売れてる”という二つの焼酎が飲んでみたくなった。両方試飲させてもらう。麦焼酎としては「からす」よりもやはり「神の河」の方が好きだなぁ、ぼくは。「風憚(ふうたん)」は柔らかい風味がわるくない。“幻の芋を使用している”という殺し文句に気持ちがグラッとくる。当初の予算を少しだけオーバーする値段だったが、買って帰る(笑)。