せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

『THE 有頂天ホテル』



Movixで『THE 有頂天ホテル』。

息子が珍しく観たがっていた映画で、ぼく的にはあまり期待していなかったのだが、私立の合格祝いのつもりでつきあった。ところが、これが大当たり、どツボにハマってしまった。面白かったぁ。

テンポの良い展開と笑い。次の展開がある程度読めて、それを想像しただけで笑いがこみ上げてくる。そして実際にもそのとおりに展開、ドッと笑わせてくれる。それが想像以上に可笑しくて実に巧いのだ。例えば、「おいおい、こいつはきっとスピーチしちゃうぞ…」みたいなことがそれまでの展開から見えてくる、で、その先の展開を想像すると可笑しくて可笑しくて・・・。で、やっぱりスピーチしちゃう。しかも かぶり物までしてやるもんだからドッと笑ってしまう、みたいな(ここら辺は実際に観ないと分からないか・・・)。

三谷ファミリーの役者さんたちがやっぱりいい。巧いナァ、ほんと。ひとりひとりがしっかり三谷ワールドを作り上げているという感じがする。YOUが出ていた。彼女にも一種独特の存在感があるんだが、三谷ファミリーの中ではホント普通に見えちゃう(ま、そういう役周りだったということもあるが…)。それだけほかのメンバーの個性とか存在感が大きいということだ(役者としての経験の差もあるのかもしれないけど)。

役所広司佐藤浩市のダメ男ぶりも素敵である。本当はかなりカッコ悪いところを見せているんだが、実に魅力的な愛すべき男になっている。観終わってからなんか元気になったような気がするのは、三谷映画に一貫した印象である(そう、テレビで「みんなの家」を観たが、あれも良かったね。うん、よかった。。)。