せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

天才ヒンギス



ヒンギス、シャラポワの夢絶つ…東レテニス準決勝 (読売新聞) - goo ニュース



テニスの試合をテレビで観ることはあまりない。シャラポワがファッションモデルではなく、女子テニスの選手であることくらいはもちろん知っているし、伊達公子が活躍していた頃の女子テニスのことはいくらか知っている。ただ、男子テニスとなるとまったくの無知。どんな選手が今活躍しているかさえも知らない。知っている男子選手といえば、せいぜいコナーズとかマッケンローとかボルグといったあたりまで。。

さて、そんなテニス音痴のぼくが[ヒンギスvsシャラポワ戦]だけは観なければ、と思った。テレビに噛り付いてヒンギスを応援する。

シャラポワは今の天才少女。今の天才に昔の天才少女ヒンギスがどれくらい通用するのかみてみたい。いや違うな。ヒンギスが本当の天才なのかを確かめたい、そんな感じの観戦。

いやぁ、ヒンギスはやっぱり天才だぁ。あのボールさばきは並の選手ではない。ましてや3年のブランクがある選手とは到底信じられない。というか、逆に前よりもパワーアップしていないか。今のパワーテニスに力負けしていない印象。“がたい”が良くなってないかい。。以前はもっとキャシャな身体だったと思うがどうだろう。表情も変わったような気がする。雰囲気がとても自然体であった。

女性プレーヤーはママになったころに雰囲気の変わることがあるが、似た感じを受ける。ヒンギスのニヒルな表情に天才肌のプレーがとても似合っていてカッコいい。ますますファンになってしまった。



話はガラリと変わるが、松岡修造の解説は野球の中畑清のそれに似ているなぁ。まず根性論ありき、みたいな・笑。伊達公子が元プレヤーらしく的確な解説をする側でやたら精神論とテニス以外のエピソードを披露。ときどき断定的なテニス理論を展開するのだが、そんなところもソックリなのだな。