せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

第二回大阪うまいもの食いだおれフェア



妻と2人で藤崎デパートの「第二回 大阪うまいもの食いだおれフェア」へ。たしか第一回のときも行ったような気がする。デパートの開店10分前に到着したが、すでに何組かのお客さんがいらっしゃって、開店直前にはさらに結構な人数になっていた。ハハh…、すごいね。。



もちろん、お客さんのほとんどは「食いだおれフェア」が目当てのよう。開店と同時にエスカレーターへと直行したが、エスカレーターの行列はほとんどくずれることなく最上階の「食いだおれフェア」会場まで続いた。



会場で真っ先に行列ができたのはタコ焼きの「会津屋」だった。「会津屋」のタコ焼きは以前大阪に行ったときに食べたことがあったので、ぼくらは隣の「明石屋焼店」のタコ焼きを買う。こちらは行列なしで買えた。とろりぃ〜とした食感がちょっと新鮮、こっちも美味かったぁ…。



「味乃家」のモダン焼きは20分ほど並んだ。モダン焼きが「焼きそば」の入ったお好み焼きというのを今回初めて知りました・笑。ま、こちらは普通にお好み焼き、という美味さだったね。



「セラ・ルージュ」のイカ焼きと「浪芳庵」のみたらしだんごも食べたい一品だった。イカ焼きはしょう油とソースの2種類を食べたが、しょう油の方が美味かったかな。というか、それまでがソースたっぷり コテコテの味ばかりだったので、しょう油のさっぱり感が特別に美味かったのかもしれない。



浪芳庵のみたらしだんごはだんごの中にみたらしが入っている。これは斬新だ。食べやすかったし美味かった。



いやぁ、まだまだ食べたいものがたくさんあったのだが、このままだと本当に食いだおれてしまいそうなので、「いいだこ旨煮」(写真右上)を土産に買って会場を後にする(実はこのいいだこが一番美味かったのだ…)。





(写真:左から「明石屋焼店」のたこ焼き、「味乃家」のモダン焼き、「浪芳庵」のみたらしだんご)