せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

鶴巣そば/ずんだぷりん



午前中、古本をBookOFFへ持ち込んだ後、粗大ゴミを市のゴミ収集施設である[葛岡工場]へ持ち込む。持ち込んだ粗大ゴミは、壊れたコタツとコタツ板、小さくなってしまった息子のスキーとスキー靴、ビデオデッキとCDプレーヤー、やぶけた布団等々。



古本は〆て7000円ほどに。粗大ゴミの方は重量が30?で手数料を1000円支払う(100?までは1000円という決まり)。ゴミ収集施設の葛岡工場には11時頃に到着したが、既に4,5台の車が順番待ちをしており、15分ほど待たされる。それでも朝に電話で問い合わせしたときには「待ち時間を1時間くらい見て欲しい」と言われていたから、15分待ちは随分早い方だったと思う。この時期、考えることは皆同じらしい。コンビニで粗大ゴミ(処分)用のシールを買って指定日にそれを貼ってゴミ置き場に出しておく、というのが一般的な粗大ゴミの処分方法であるが、平日には、これがなかなか面倒くさい。ついつい後回しにしておいたのだが、持ち込む時間さえ作れば、意外と簡単に粗大ゴミが処分できることを知る。葛岡工場は30日までフル稼働だそうです。係員のみなさま、ご苦労様です。



仙台市/ゴミ・リサイクル(自分で処理施設に持ち込むとき)]

http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/benrichyou/6.html



息子の冬期講習も今日でいったん終了し、明日は休みで明後日から正月特訓コースが始まる。年末年始は息子の方もフル稼働である。そういうわけで、いつもはぼくの田舎の秋田で年越しをするところだが、今年はそうもいかず。今日のうちに家族3人でいったん秋田へ帰省し、明日には田舎のお袋を連れて仙台へ戻ることになっている。そのまま、仙台で年越しをするのだが、たまにはこんなのもいいだろう。お袋には[光のページェント]も見せたかったし…。それはいいとしても、あぁ〜忙しい。。



午後3時頃に東北道へ乗る。昼を食べていなかったので、[鶴巣サービスエリア]で名物「鶴巣そば」を軽くいただく。前にも書いたが、ここ鶴巣の“そば”はなかなか美味しいと評判の“そば”である。具のとろろ昆布が良い。餅の入ったかまぼこも美味しいし、なによりもやはり“そば”が美味いのだな。。「ね、美味しいだろう」と妻に聞いたら「そうかしら…」と素っ気なかったが・笑。



さて、土産に買った三全の[ずんだぷりん](写真右上)。初食だったが、これはなかなかの傑作である。甘党のぼくは一発でファンになってしまった。機会がありましたら是非…。



秋田の雪はすごいことになっていました。ここ何年かの記憶を辿っても、年末にこれだけの大雪は本当に珍しい。高速・秋田道の路面は雪で真っ白。夜の雪道はとても危険で気を抜けない運転になるのですが、久々の大雪に実はうきうきしながら運転していました。





(写真上:左から「鶴巣そば」、「翌朝・実家前の風景」)



[ずんだぷりん]

http://www.sanzen.co.jp/tempo/saryo/