せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

同郷のよしみ/すごい雪



■同郷のよしみ

昨年の夏から東京のオフィスへ出向しているW辺くんが来仙。彼が参加しているのは、比較的長期のFプロジェクト関連。ぼくより先に行ってはいるが、戻るのはぼくより後になるだろう。



顔つやが良いところをみると元気でやっているようだ。何より。「来月からよろしくね」と軽くあいさつする。部署はお互い違うが、新しい勤務地に知っている人間がいるというのはやっぱり心強い。



W辺くんと一緒に来ていた若い兄ちゃんもこちらから行っているらしかったが、彼とは残念ながら初対面。ただ同じ社員寮のようなので、これまた心強い(W辺くんはワンルームマンションを借りているとか。やるなぁ、独身貴族。)。



でも、この「心強い」という心境はなんだろうね。同郷意識というやつなんでしょうか(笑)。





■すごい雪

午後から、窓の外は完全に“冬のソナタ”。雪がもさもさと降っている。さらにその雪が湿っているものだから、道路状況は最悪だ。夕方になっても降り止まず。こんな日はさすがに定時退社。



いやいや歩きづらいったらありゃしない。