せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

早朝の達人

この頃、休日の朝でも目覚めるのが早くなった。普通どおり起きても特に何をするでもない。新聞読んだりネットをしたり。そのあとで、転寝(うたたね)することも多いから睡眠時間は若い頃とあまり変わっていないかもしれない。いずれ歳をとったということだね。



日経の朝刊に「めざせ!早朝の達人」という記事を見つけた。早朝時間を有効に活用することについての特集である。その中に早起き心身医学研究所所長・税所弘さんの早起き効果についてのこんなコメントが紹介されている。



「体を活発に活動させる人間の交感神経は午前5時から午後9時まで働き、体を休養させる副交感神経は午後9時から午前5時まで働く。人間の体は日の出とともに活発になり、日没とともに休むようになっている。朝の1時間は夜の3時間に相当する。」



特に目新しい情報というわけでもない。人間の身体的能力は朝の方が夜の3倍力を発揮するというのだ。ところが、この法則を有効に活用しているという方はまだまだ少ない(と思う。)。少なくてもぼくは活用していないわけだ。



さて、そろそろ歳も歳、春も近いし。ここは心機一転、早朝を利用して何か始めてみようかしら。そんな気になる気候になってきた。





早起き実現プロジェクト〜早起きは何文の得?〜