せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

サッカー日朝戦

日本、北朝鮮に2対1で激勝!



どうにか勝ったねぇ。いやぁ、ほんと あ・ぶ・な・か・っ・た。。



サッカーはゲームというより戦である。スポーツというより喧嘩である。まずはそれを実感。攻める、守る、表現は同じでも野球のそれとは明らかに違うもの。国同士の対戦だとスタジアムがまさに戦争と化すね。ほんとに勝てて良かった。



それにしても北朝鮮選手は、背負っているものが違うという感じがする。先入観かな。いや、そうでもないだろう。マンパワーというか迫力というか。エネルギーの違いを感じる。このエネルギーの前では国際試合から長く遠ざかっていたとかなんとかはほとんど関係ないのだね。そもそも彼らにはそんなこと理由にならない(できない)。そういう逃げ場のないエネルギーなのだ。



勝ちに行く姿勢は日本選手よりも完全に上である(ように見える)。その差よりも技術差(+ホームの差)が少しだけ日本に有利であったということだ。日本有利の予想にはいささか疑問があった。仮に日本が負けたとしてもまったく驚かなかったと思う。



それにしても日本はいい国であるよなぁ、ほんと。拉致問題の当事国である北朝鮮との試合が立派に成立するのだから。テレビニュースで朝鮮人の家族と日本人の家族が同じ場所で食事をしながら互いの国を応援している様子が紹介されていたが、すばらしいね、なんか。





Kプロジェクトも終盤。いくつかハプニングもあり。手当てはしておいた。問題は最小限に止まりそうだ。



残すところ半日。ゴールは見えてきたが、ここからさらに慎重に対応するのがプロの意識というもの。無事ゴールインのあかつきには打ち上げパーティーが待っている。